辛い悩みは解消すべき!包茎手術の手順を確認していざクリニックへ

包茎手術を決めたらクリニック探しからスタート!

包茎の治療には自分で行う方法とクリニックでの手術があります。多くの場合は手術となりますから、まずはクリニック探しからスタートです。

手術を受けるための準備とは?包茎の悩みを話せば不安も収まる

男性

クリニックを探すならネットで探そう

包茎手術クリニックを探そうにも、以前でしたらその方法がありませんでしたが、現在ではネットでの口コミ情報も充実していますから、ネットで得られた情報からクリニックのページを探して、クリニックの比較を行って探しましょう。

カウンセリング

先生の話を必ず聞くべし

クリニックでは医師によるカウンセリングが必ず行われます。丁寧な説明と手術の適否、術法、術後管理、総費用についての説明がされるはずです。すべて重要なことですから、説明はすべて逃さず聞いて記憶しておきます。

男医

手術後の注意点

手術後は縫合した部位が感染しないように清潔にしておくことです。レーザー切開した場合は疼痛は少ないですが、全くないわけではありません。出血が止まらない、痛みがかなりある、腫れが大きいなどはクリニックに連絡してアドバイスと処置を受けてください。

悩む男性

改善までの期間

抜糸後(抜糸が必要ない糸もありますが)、傷は塞がっていますが痕跡はまだ目立ちます。一ケ月も経過すれば目立たなくなり、勃起時の傷みも全く感じなくなります。通常のケースでは、これで完治と思って良いでしょう。

包茎改善を自分で行う・クリニックで治療の比較

包茎改善を自分で

自分で行う場合は器具を使います。亀頭に相当する部位にリングなどを嵌めておく方法が多いのですが、効果は低いようです。

包茎改善をクリニックで

クリニックで行う手法は完治を目指す手術がほとんどですから、包茎の改善に繋がります。ほとんどの方はこちらを選択されます。

包茎手術の流れは知っておくべき

手術の流れは、事前説明、手術、術後の管理、抜糸、完治となります。この流れは説明を聞いて知っておかなければなりません。

包茎手術の流れ

メンズ

事前の説明

手術の前に既往歴や副作用の有無などを確認し、術式と注意点、実後の予想などの説明がありますから、良く聞いて疑問点があれば質問しておきます。説明が無いクリニックは信用できません。

麻酔と手術

包茎手術は無痛であるように麻酔下で慎重に行われます。剃毛清掃と消毒後、切除や切開はメスやレーザーで行われますが、ベテランの医師であれば通常は短い時間で終わります。

切開傷の縫合

切開や切除後は、その部位を縫合します。縫合する糸が自然に溶けるものを使った場合は、その後の抜糸はありません。縫合しているわけですから、麻酔が切れればそれなりの痛みはあります。

術後観察と抜糸

溶けない糸で縫合したときは、一週間後に洗浄と抜糸を行い、その時に術後の経過を診てくれます。自分で異常を感じたり、痛みが続く時は、必ず執刀医に質問して、その疑問を解消しておきましょう。

完治の確認

およそ一ヶ月後、術後の経過を観察して、形態や機能に異常がなければ完治となります。抜糸後に勝手に治ったと思わないで、トラブル防止もかねて最終チェックを受けておくべきです。