>info>包茎手術を受けるクリニックはランキングサイトなどを参考に探そう

包茎には種類がある

包茎には仮性と真性がありますが、さらにカントン包茎(嵌頓包茎)と埋没包茎もあります。

背面切開術と環状切開術の違い

背面切除術

仮性包茎の人に良く用いられ、陰茎背面の皮膚を縦切開してから横方向に縫合します。

環状切除術

最もポピュラーな手法で、余っている包皮を切りとり、端を縫合します。

包茎専門のクリニックを探す場合はポイントがある

クリニック探しのポイントは、術後の疼痛が少なく傷が目立たないことです。

クリニック探しのポイント

医者

丁寧な事前説明

包茎手術の必要性などを丁寧に説明してくれるところなら、安心できるのでそういったところを選びましょう。

明朗な会計

説明があった費用以外に請求されないことは大事です。もし、料金があいまいで追加請求がされそうだと感じたら違うクリニックを探しましょう。

症例数の多い医師

熟練の医師による手術だと、経験豊富なため安心出来ます。症例数はホームページで確認できるので、見ておきましょう。

術後のトラブルがない

優秀なクリニックは術後のトラブルがほとんどありません。ですから、トラブルを回避することが可能になります。

口コミで悪評かがない

口コミ数が多くて悪い評価がほとんどないところは、良いクリニックだと判断できるので探すときは評価にも注目すべきです。

包茎手術を受けるクリニックはランキングサイトなどを参考に探そう

下半身

口コミ情報の全てを信じない!

口コミ情報やランキングには宣伝で書かれている情報が非常に多いので注意が必要です。中には悪徳商法まがいの手法で高額を請求するクリニックもありますから、口コミは鵜呑みにしない方が良いでしょう。術後の痛みや障害が出ては困りますし、法外なお金を請求されるのも迷惑な話です。口コミ情報で有益な記事としては、トラブルがあったなどの情報になります。

包茎クリニック探しのQ&A

手

カウンセリングって必要?

カウンセリングは重要です。希望を伝え、手術の必要性や手法、掛かる費用などをきちんと説明してくれるクリニックであるべきです。

仮性包茎手術はどこを選べば良いの?

仮性包茎のケースでは包茎専門クリニックを選択することが多いです。ほとんどの場合、自由診療になります。

真性包茎手術はどこを選べば良いの?

主に大病院、泌尿器科、包茎専門クリニックがあります。カントン包茎と埋没包茎などは手術が必要な事が多く保険診療も適応されるケースがほとんどですから、大病院か泌尿器科がお薦めです。

費用がどれくらい掛かる?

自由診療の場合、クリニックによって違いがあり、5万〜10数万が多いようです。術式により異なりますから事前に聞いておきます。

設備や医師のテクニックに違いがあるの?

手術は熟練の医師に任せるのは当然で、設備も最新のレーザー機器があり、色々な手法を熟知している医師のクリニックを探して選びましょう。

広告募集中